リヨンからBonjour

30歳で仕事を辞め、憧れのフランス・リヨンへ♪

【フランスロマンス映画】アメリ(Amélie)

こんばんは

 

今日はフランス映画と言ったら真っ先に思い浮かべる映画「アメリ」のレビューをしたいと思います。

f:id:YURI-rouge:20210516165935j:plain

 

ー作品情報ー

作品名:アメリ(原題 Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain)

公開年(日本):2001年

製作国:フランス

監督:ジャン=ピエール・ジュネ

メインキャスト:オドレイ・トトゥマチュー・カソヴィッツ

 

あらすじ

神経質な両親の元で育ち、空想の中で遊ぶのとこっそり悪戯するのが得意になったアメリ。22歳になり、モンマルトルのカフェで働く彼女は、青年ニノに出会って心ときめくが、どうしたらいいか分からず悪戯を仕掛ける。

 

感想

世界観がものすごく独特で、何度見ても飽きない作品。

 

この作品にはアメリの両親、

アパートの隣人、

働くカフェの常連客、

八百屋のおじさん、

などさまざまな登場人物が出てくる。

そんな彼らを描写する上で、日常における彼らの好きなことと嫌いなことが紹介される。

 

例えばアメリの好きなこと

・映画を見ている人の顔を見る

・豆袋に手を入れる

・クリーム・ブリュレのおこげをつぶす

・サンマルタン運河で水切りをする

 

アメリが恋するニノの好きなこと

・失敗して破られた証明写真を集めてアルバムにする

 

そのほかにも、壁紙を大きく剥がすとか、

梱包用のプチプチをつぶすとか、人物の紹介の仕方が面白い。

 

何と言ってもこの作品を独特の世界にしている理由は、謎めいた主人公アメリである。

空想することといたずら好きなアメリが、心をときめかせたニノにどうアプローチしていくのか。

まわりの仲間たちがひそかに応援しているシーンもほほえましい。

とってもピュアな作品である。

 

ところどころ流れるオリジナルのサウンドトラックも、また見たくなる要素の1つである。

 

 

ちなみに以前、アメリのカフェと舞台となったモンマルトルへ行きました。

rouge-days.hatenablog.com

 

ぜひ、アメリの世界に浸ってみてください♪

www.youtube.com